美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » 美容機器OEMメーカー » アス・ウィッツ

アス・ウィッツ

アス・ウィッツ
引用元HP:アス・ウィッツ HP
https://www.as-wits.co.jp/

美容機器OEMメーカー「アス・ウィッツ」のサービス内容や得意分野、受注から納品までの流れをまとめました。企業としての特徴や取り組みなどもまとめているので、OEMのパートナーとして適切かどうか検討してみましょう。

アス・ウィッツのOEM・ODMのサービスの特徴

美容・健康関連分野とのコラボレーション

アス・ウィッツは、美容・健康の提供サービスで長年培った独自のメソッドや商材、営業力を活かし、関連する各分野の企業などとコラボレーションを行っています。

例えば、ヨガ教室とコラボレーションしてヒートマットとオイルによるマッサージや、ヨガにパックを用いた「ホットビューティーヨガレッチ」の企画・運営や、宮崎県門川町との町おこしイベントなどがあります。

いつも新しいカタチを追い求める姿勢

美しさや若さを維持したいとは、誰もが夢見ること。たまにエステサロンに行くよりも、毎日できるセルフケアを提供しようと、常に新しいカタチを模索しながら美容機器の開発をしています。

クライアントの「作りたい」と、ターゲットの人間像までをリサーチし、どのような素材・効果が適しているのかを考えて提案します。

キネスティックセラピーでもサービスを提供

理学療法の技術を取り入れるため、キネスティックセラピーの共同開発を行っています。新しいメソッドによる美容法を提供し、身体本来の機能を高めるためのリハビリ技術を取り入れた、一連のプロデュースです。

関連して、キネセラの出張サービスや、メンタルヘルスサービス、アカデミーなども行い、積極的にパートナー企業も募集しています。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

アス・ウィッツの対応力

OEM
ODM -
PB製品
家庭用美容機器
業務用美容機器 -
無料打ち合わせ対応

アス・ウィッツのOEM・ODM商品例

全身トリートメント美容器・家庭用制毛器・ヒートマット

ODMとOEMの違いを
わかりやすく紹介

アス・ウィッツのOEM・ODMの流れ・サポートについて

1.打合せ

クライアントがどのような商品を作りたいのか、綿密なヒアリングと打合せを行います。

2.企画・提案

打合せた内容を元に、企画チームを作り、商品について企画・提案を作成。商品づくりのためのリサーチを行い、よりよい提案をします。

3.開発・テスト

提案した商品を実現するために、工場と試行錯誤を繰り返しながら試作・テストを重ねます。また、要望に応じてパッケージデザインやブランディングも行います。(デザイン費は別途)

4.本生産

満足のいく試作品ができたら、量産体制に入ります。

5.納品

クライアントへ納品します。

アス・ウィッツの自社商品・取り扱い商品を紹介

ヒートマット
引用元HP:アス・ウィッツHP
https://www.as-wits.co.jp/business/products/beautyequipment/
RECELL CASKET
引用元HP:アス・ウィッツHP
https://www.as-wits.co.jp/business/products/beautyequipment/

RECELL CASKET・ヒートマット・Needなどを取り扱っています。

アス・ウィッツとは?

「共に愛」の企業精神をかかげ、人を美しくするために事業を幅広く展開しているアス・ウィッツ。美容機器の開発に留まらず、各分野とのコラボレーションにより、さまざまな事業展開をしています。

近年では、理学療法とのコラボによるキネスティックセラピーを共同開発し、新たな美容法を打ち出しました。

さらに大型エステ施設やフィットネスクラブ、温泉施設などともコラボし、新しいかたちで美容を届けています。

アス・ウィッツの会社情報