美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » OEM・ODMの商品事例を紹介 » 振動マシン

振動マシン

振動マシンのOEM・オリジナル商品例

【PR】オリジナル商品を作りたいなら
OEMメーカー選びが重要な理由

振動マシンのOEMの会社の選び方

振動マシンは本体がメイン商品となり、これに加えて部分用のパッドが付属するものもあります。またリモコンが使用できるか?最大適応体重は何キロか?などを事前に質問することが重要です。

需要や要望に合った振動マシンを製作しているメーカーをいくつか探して、予算とともに希望ロット数や必要な機能・デザインがそろった製品の製作が可能かなどを問い合わせてみるといいでしょう。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

振動マシンのOEMのメーカー一覧

振動マシンのOEMのロット数

振動マシンは商品の特性上、サイズが大きめです。在庫保管の場所などを考えると、必要な数だけ生産するのが理想的です。初回はあまり多く生産するのはちょっと、と思った場合はメーカーに相談してみましょう。メーカーによって対応している最小ロット数は異なりますが、小ロットでも相談が可能なメーカーや、予算・希望ロット数に応じて対応してくれるメーカーもあるでしょう。

小ロット数の目安は3桁くらいが一般的です。通常は1,000台以上なら受け付けることが多いですが、500などの台数に対応可能なメーカーもあります。基本的にロット数が少ないほど単価は上がります。

振動マシンのOEMの費用目安

※家庭用美容機器のOEMの費用について、インターネット上では情報が見つかりませんでした。

振動マシンのOEMの流れ

1.打ち合わせ・ヒアリング

美容機器に特化したメーカーでは、その経験に基づいてさまざまな観点から要望に合った商品を検討します。商品のアイデア・希望デザイン、予算、顧客層とニーズ、要望はすべて伝えて、最小生産ロット数や仕様も確認していきます。疑問点があれば何でも質問して、この時点で解決をしておきます。

ヒアリングは無償対応というメーカーや、オンラインでの打ち合わせに応じているメーカーもあります。気軽に相談してみましょう。

2.ラフデザイン・3Dデータ制作

打ち合わせでの要望をもとにデザインをしていきます。商品像や素材・形状・カラーなどの仕様も提案されます。その後、3Dデータ制作となります。

3.モックアップ・プロトタイプ制作

確認用の造形モックアップや、実際の量産を想定してのワーキングプロトタイプの制作などを必要に応じて行います。この時点で仕様が決定します。

4.量産計画と生産

仕様が決定したら、量産の計画になります。発注をしてから納品までのプロセスを管理します。