美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » 美容機器OEMメーカー » テクニコ

テクニコ

テクニコ公式HPキャプチャ画像
引用元HP:テクニコ
https://www.tenico.jp/

美容機器や健康機器のOEM・OEMを専門とする「テクニコ」の特徴や商品例についてご紹介します。

テクニコのOEM・ODMのサービスの特徴

すべての工程を社内で一貫して行う

テクニコのOEM・ODMでは、美容機器や健康機器などすべての製造において、ハードの設計から試作品の製造、量産ラインまで、すべての工程を自社内で行っています

そのため他社に委託する美容機器OEM企業よりも対応がスピーディーで、依頼主の希望や要望を直接反映させやすいことがメリットです。

小ロット製造・短納期にも対応可能

美容機器のOEM・ODMにおいて、小ロットの製造や短納期の発注に対応していることもテクニコの特徴のひとつです。ロット数の少なさから対応してもらえる企業が少ないとお悩みなら、テクニコに相談されてみてはいかがでしょうか。

デザイン・設計からメンテナンスまでおまかせ

テクニコの美容機器OEMは、デザインや設計開発から対応可能です。そのため完全オリジナルの美容機器をつくりたいとの要望にも応えられる可能性があります

美容機器が完成して納品した後には、保守・メンテナンスも請け負ってもらえます。ニーズを満たしてくれる美容機器を、長く愛用できる体制を目指しているのがテクニコです。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

テクニコの対応力

OEM
ODM
PB製品 -
家庭用美容機器 -
業務用美容機器 -
無料打ち合わせ対応 -

テクニコのOEM・ODM商品例

美容機器・医療機器・化粧品・水素水サーバー

テクニコのOEM・ODMの流れ・サポートについて

1.打ち合わせ

美容機器OEMへのニーズをヒアリングし、商品のイメージへと反映させるための打ち合わせです。打ち合わせでは製品のコンセプトやロット数量、コスト、デザインイメージなどについて決定します。

2.商品設計

打ち合わせの結果から、研究開発やデザインの提案がなされます。またOEM美容機器の包装のデザインも同時に行います。

3.見積もり

商品設計から見積もりをたて、依頼主へと提示する段階です。

4.試作・評価

見積金額に納得できたら、試作と試作品への評価が行われます。

5.発注

試作品に問題がなければ製品としての発注を行います。

6.製品化

OEM美容機器の製造と検査が終わったら、製品としての出荷・納品が行われます。

7.保守

製品化・納品された後は保守作業としてメンテナンスが実施されます。

ODMとOEMの違いを
わかりやすく紹介

テクニコの自社商品・取り扱い商品を紹介

テクニコ HP
引用元HP:テクニコ HP
https://www.tenico.jp/page/8

筋肉を改善することでたるみやシワの改善を目指すリフトアップトリートメント

テクニコとは?

テクニコとは美容機器・健康機器・医療機器・水素水サーバーのOEM・ODMに対応する企業です。医療機器製造業の許可も取得しており、幅広い分野でのOEMに対応しています。

テクニコの会社情報