美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » OEM・ODMの商品事例を紹介 » 家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、美容機器の中でも一定の需要が見込める商品と言えるでしょう。特に通販などで人気があり、エステなどで脱毛をおこなうよりも、低価格なことが好評の要因だと思われます。その家庭用脱毛器も、多くのメーカーでOEM生産をおこなっていますので、検討をしている方は、ぜひ、参考にしてください。

家庭用脱毛器のOEM・オリジナル商品例

この2種類が家庭用脱毛器の多くを占めているタイプとなります。このほかにも、高周波を流して毛を焼き切るタイプやローラーで毛を抜くタイプなどもあります。

【PR】オリジナル商品を作りたいなら
OEMメーカー選びが重要な理由

家庭用脱毛器のOEMの会社の選び方

家庭用脱毛器は多くのメーカーで生産をおこなっています。また、ヒット商品も数多くありますので、過去の事例を参考にしてメーカー選びに活用してください。選ぶべきメーカーは、やはり、経験が豊富なことが第一の条件になるでしょう。自社で業務用美容機器を生産して、サロン経営などをおこなっているメーカーもありますので、そのような企業は多くのノウハウを持っていると考えられます。また、医療機器ではありませんから、許可などは不要ですが、やはり身体に使用するものです。品質管理体制やアフターケアなど、企業体質もしっかりと見極めてメーカー選択をしてください。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

家庭用脱毛器のOEMのメーカー一覧

家庭用脱毛器のOEMのロット数

家庭用脱毛器は、かなり低価格のものも出回っています。業務用とは違い製造単価も高くはありませんので、数台、数十台というロットでは難しいでしょう。多くの企業は最低1,000台程度からのロットで製造を請け負っていると思います。もちろん、コストがかかっても良いのであれば、さらに小ロットは可能となるでしょう。まず、どれくらいのロットから製造可能かを複数のメーカーに確認してみましょう。

家庭用脱毛器のOEMの費用目安

家庭用脱毛器の製造コストは性能やメーカーによって大きく変わってくるものです。1,000台の生産数と10万台の生産数でも単価は大きく変わってきます。複数のメーカーに、どのようなものを、どれくらい製造したいかを伝えて、見積もりをしてもらいましょう。

家庭用脱毛器のOEMの流れ

1.家庭用脱毛器に関する打ち合わせ

まずは、最初の商談です。ミーティングの前には電話やメールなどで、大まかな意思疎通は取れていると思います。それを基礎として、どのような製品を製造したいか、ロットはどれくらいになりそうかを話し合います。こちらの希望は、できるかできないかは別にして、とりあえず伝えておきましょう。また、メーカー側の希望も真摯に聞き入れることが重要です。ビジネスパートナーとして、対等な立場で打ち合わせをしましょう。また、工場が見学できる場合は、ぜひ見学をさせてもらいましょう。工場内の整理整頓具合やスタッフの服装や振る舞いなど、製造現場が適正に稼働しているかを確認します。

2.デザイン・仕様の決定

製造を依頼することが決まったら、デザインや仕様を決定します。メーカー側のプレゼンに対して、要望などがあれば、率直に発言しましょう。もちろん、こちらの希望がすべて通ることは無いと思いますが、何が妥協できないことで、何が妥協できるのかを明確にして折衝してみましょう。

3.試作を行う

試作品が完成したら、詳細に検討してください。スイッチが入れづらいとか、使い勝手がイマイチだとか、思わぬ不具合があるかもしれません。この段階では、まだ修正ができるので、慎重に対応しましょう。

4.製品化・量産

試作品が合格すれば、量産に移ります。量産品には試作品になかった不具合が出ることもあります。メーカー側の品質管理とよく打ち合わせをおこない、クオリティを維持しましょう。

市場から見た家庭用脱毛器の需要について

「LessMo(レスモ) by Ameba」が行った「コロナ禍のムダ毛の自己処理と家庭用脱毛器について」によると、ムダ毛を処理する際に家庭用脱毛器を日常的に使用しているのは、全体で約21%でした※。年代別に見てみると、20代後半が最も多く、次いで30代前半という結果になっています。年代に関係なく自宅時間が増えたことにより、家庭用脱毛器の使用人口は増加傾向にあります。

とはいえ、コロナ以前から家庭用脱毛器を利用している人が多く、家庭用脱毛器の需要が増えているようで、実際にはコロナ後に購入している人はそれほど多くありません。コロナ以前から利用していた人が約16%、コロナ後に使用し始めた人が約5%の割合です※。ムダ毛の自己処理で一番使用されているのはカミソリであり、家庭用脱毛器は4位でした※。

家庭用脱毛器が支持される理由として最も多かったのが、「好きなときに使える」こと。アンケート回答者の65%が選んだ回答であり、スキマ時間を活用するなど、自宅で自由に利用できるのが家庭用脱毛器のメリットでしょう※。なお、他にも新型コロナウイルス感染症が不安で脱毛サロンにかよわなくなったという回答や、他人に体を見られたくないという回答もありました。新型コロナウイルス感染症に関する不安を軽減できる点においても、家庭用脱毛器は注目を集めています。

「家庭用脱毛器を使っていない」と回答した人のうち、「家庭用脱毛器を使ってみたい」と答えた人は60%程度に上りました※。使ってみたいと思っていながら購入に踏み切れない理由として、一番多く寄せられたのが「コストが高い(34.0%)」という声※。「効果があるのか不安(28.0%)」という声も多かったです※。

※参照元:「LessMo(レスモ) by Ameba」