美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » OEM・ODMの商品事例を紹介 » 超音波美容機器

超音波美容機器

超音波美容機器のOEM商品例や対応メーカー、OEMの流れなどについてまとめています。

超音波美容機器のOEM・オリジナル商品例

【PR】オリジナル商品を作りたいなら
OEMメーカー選びが重要な理由

超音波美容機器のOEMの会社の選び方

超音波美容機器には、EMS(低周波)やポレーション、家庭用美容器、ミストなどさまざまな種類があります。

まずは、超音波美容機器のOEM経験を持つメーカーをピックアップし、希望している製品を依頼できるか、予算の範囲内でつくることは可能なのか確認しましょう。

相談や打ち合わせが無料でできるメーカーもさまざまあります。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

超音波美容機器のOEMのメーカー一覧

超音波美容機器のOEMのロット数

超音波美容機器については、メーカーによって対応数は異なります。小ロットから対応してくれる企業もありますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

超音波美容機器のOEMの費用目安

※超音波美容機器のOEMの費用について、web上には情報が見つかりませんでした。各メーカーに直接お問い合わせください。

超音波美容機器のOEMの流れ

下記の流れについては、あくまで一例となります。会社ごとに流れが異なるので、依頼の際に確認しておきましょう。

1.打ち合わせ・ヒアリング

希望する商品のデザインやイメージ、機能、数量などについて打ち合わせを行います。要望や疑問点などがある場合、このときにしっかり伝えて共有しておきます。

OEM製造の依頼が初めての場合、OEMの基礎的な知識や流れについて詳しく説明してもらいましょう。打ち合わせや相談に無料で対応しているメーカーもあります。

2.デザインの提案

依頼者の要望に沿ったデザインや仕様、付属品、数量などについてメーカー側が会議を行います。会議にてデザインについても考え、依頼者にデザイン案を提出する流れとなります。

3.サンプルの開発

提案したデザインで依頼者から了承が得られた後に、試作品の開発に入ります。サンプルをつくることで機能面や操作する上で改良したほうがよい点など細かな面に気づけるのがメリット。気になる点は適宜変更を加えて、改良していきます。

4.仕様の決定

付属品や仕様、パッケージなどについても決めていきます。

5.各種申請

商品化に向けて必要な申請など、この時点で手続きを開始します。

6.量産

試作品について了承を得られれば、サンプルに基づいて製品を量産していきます。

7.製品検査と納品、アフターフォロー

完成した製品の動作確認や安全性などの検査を行い依頼者に納品します。納品後、必要に応じてアフターフォローを行います。

メーカーによりフォローの体制は異なりますが、気になる点や質問などあれば相談していくことが重要です。