美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » OEM・ODMの商品事例を紹介 » ダイエット器具

ダイエット器具

このページでは、ダイエット機器のOEMについて詳しく解説します。ダイエット器具のOEM会社の選び方や費用、OEMの流れなどについてまとめています。

ダイエット器具の
OEM・オリジナル商品例

【PR】オリジナル商品を作りたいなら
OEMメーカー選びが重要な理由

ダイエット器具の
OEM会社の選び方

ダイエット器具のOEM会社を選ぶときは、実績があるか調べておくことが大切です。ダイエット器具の実績がある会社であれば、単に器具を作るだけでなくよりよい製品開発に向けてサポートを受けることができるでしょう。

ダイエット器具はデザイン性も大切。デザインは商品が売れるかどうかを大きく左右するものです。デザインのイメージが固まっている場合は、イメージをカタチにしてくれる会社を選びましょう。イメージが固まっていない場合は、デザインを依頼できる会社を選ぶことをおすすめします。

ダイエット器具による怪我などのリスクを避けるため、安全性についてもチェックできると会社だとよりよいでしょう。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

ダイエット器具の
OEMメーカー一覧

ダイエット器具のOEMメーカーは見つかりませんでした。

ダイエット器具の
OEMロット数

ダイエット器具のOEMの費用については情報が見つかりませんでしたが、他のOEM商品を参考とすることはできます。化粧品OEMのロット数の場合、最少ロット3,000個からというメーカーが多数です。メーカーによっては、1,000個程度から対応している会社もあります。

小ロットの場合、在庫を抱えるリスクは低いですが、製造コストが高くなるので注意してください。パッケージやラベル対応に制限があるケースもあるので、商品開発の自由度は低くなる傾向です。

3,000個以上の大ロットの場合、開発の自由度は高くなります。商品にこだわりがある方は、オリジナル性を出せる大ロットでの製造がおすすめです。ただし、初期投資が必要で在庫を抱えるリスクもあるため、よく検討して依頼する必要があります。

ダイエット器具の
OEM費用目安

ダイエット器具のOEMの費用について、インターネット上では情報が見つかりませんでした。詳細は、業者にお問い合わせください。

ダイエット器具のOEMの流れ

コンセプトの立案

打ち合わせを行い、製品のコンセプトを立案します。要望に応じて、商品の用途や機能・デザインなどを具体化し、企画を提案します。

設計

立案したコンセプト・規格をもとに、設計開発をすすめてきます。使いやすさやデザインのほか、機能性や安全性も重視して商品を設計します。

試作品の製作

設計をもとに、試作品を作ります。試作品を実際に使用し、使用感や安全性を確かめていきます。試作の段階で、耐久性や構造上の問題、デザインの変更などがあれば対応します。試作品ができたら、薬事法の認証取得や電気用品安全法などの認定を取得します。

商品の生産

各種許可を取得出来たら、いよいよ商品の生産です。品質管理を徹底した工場で、商品が生産されます。

出荷

生産した製品の品質チェックを行い、合格したら出荷します。

納品

要望に応じた形態で、商品を納品します。

市場から見る
ダイエット器具の需要について

ダイエット器具の需要は、市場から見ると今後も成長の一途をたどると予想されます。近年、健康志向の高まりから、ダイエット器具などの健康器具に興味関心を持つ人が増加していることからも、需要はあるといえるでしょう。

とくに、感染症などが心配される昨今は、家庭でフィットネスをしたいと考える人が増加しています。家庭用のダイエット器具を使えば、人と接する必要がありません。ジムに通う時間がない多忙な方も、ダイエット器具の需要を促進しています。

ダイエット器具の需要は、日本国内のみならず海外でも予測されています。健康志向のフィットネス愛好家が増えるに伴い、ダイエット器具の需要は高まるでしょう。

巣ごもり消費での需要が増える

近年、感染症の流行で巣ごもり消費が増えています。ダイエット器具もその中のひとつ。家庭でフィットネスや軽い運動がしたいと、ダイエット器具を購入する人が増えています。実際、店舗型のフィットネスジムの売り上げが減少するなか、ダイエット器具・健康器具の売り上げは増加しています。

ダイエット器具はオンラインで購入できるのも、需要が増えた一因です。感染症の流行による外出自粛やテレワークの増加など、現代人は体を動かす機会が減少しています。自宅時間が増えたことで、体重増加や運動不足を実感している方も多いでしょう。このような理由も、オンラインでダイエット器具が大きく売り上げを伸ばした一因です。

それでは、感染症の流行が収まり外に出る人が増えると、ダイエット器具の需要が減るのでしょうか。フィットネスジムの実店舗に通う人は増加すると予想されますが、ダイエット器具の需要が減少するとは一概には言えません。家庭でダイエット器具を使用することが一般化されれば、商機は見込めるでしょう。

EC・オンライン市場での売上は?

EC・オンライン市場では、ダイエット器具の売り上げを大きく伸ばしています。近年、外出自粛やテレワークの影響もあり、不要不急の外出を避ける人が増加しました。それに伴い、オンラインのショッピングサービスを利用する方が増加しています。

外出の減少によって、運動不足や体重増加を感じている方も増えています。さらに、健康志向の高まりに合わせて、自宅で運動ができる器具や健康を維持する器具が注目されています。このきっかけによってEC・オンラインサービスを利用することは定番になりました。今後、以前のように外出・出勤する人が増えた場合、EC・オンライン市場は縮小する可能性はあります。ただし、リピート客の獲得や新しいサービスなどを構築していけば、十分に売り上げは見込めるはずです。

今後のダイエット器具の
需要について

近年、健康的な生活が見直されています。それに伴い、ダイエット器具の需要は今後も成長すると予想されます。

健康的なライフスタイルを目指す人の中には、店舗型のフィットネスジムに関心を持つ人も多いでしょう。しかし、店舗に行くには時間や手間、費用が掛かります。オンラインサービスが充実している昨今、オンラインでトレーニングを発信するサービスも増えてきました。これも、家庭用ダイエット器具の需要が高まる要因のひとつです。ホームエクササイズの需要が高まるに伴い、家庭用ダイエット器具の需要も増加が予測されるでしょう。

家庭でもフィットネスができるようになったことで、ダイエット器具に注目する人が増えています。

ネットショップで人気の
ダイエット器具は?

ネットショップで購入できるダイエット器具で、人気のアイテムを3つ紹介します。

ダイエットインソール

ダイエットインソールは靴の中に入れて履くだけで、日常的に体を鍛えられるアイテムです。ダイエットインソールを入れた靴を履くことで姿勢を整え、体重減少・体脂肪減少を目指します。第二の心臓ともいわれるふくらはぎを効率的に使えるようになり、履いて歩くだけでダイエット効果が期待できます。

シックスパッド フットフィットライト

足の筋トレにおすすめなのが、シックスパッド フットフィットライトです。座りながら使用できるので、テレビを見たり仕事をしたりしながらトレーニングができます。足を器具の乗せておくだけでトレーニングになるので、無理なく継続できます。

シックスパッド パワースーツコアベルト

シックスパッド パワースーツコアベルトを腰に巻くだけで、体幹を鍛えることができます。ながら筋トレに便利なアイテムですが、いつのもトレーニングにプラスして使用するのもおすすめです。インストラクターと一緒にトレーニングができる、オンラインレッスンも利用できます。

※ランキングは2022年12月時点の内容です。