美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » OEM・ODMの商品事例を紹介 » 健康器具

健康器具

こちらのサイトでは、健康器具のOEMに対応しているメーカーを紹介します。健康器具に対応しているOEMの会社の選び方、健康器具のOEM・オリジナル商品例、ロット数や費用目安など、気になる情報をまとめています。健康器具のOEMメーカーをお探しの方は参考にしてみてください。

健康器具のOEM・オリジナル商品例

【PR】オリジナル商品を作りたいなら
OEMメーカー選びが重要な理由

健康器具のOEMの会社の選び方

健康器具のOEMの会社を選ぶときは、実績を調べておくことも大切です。希望する健康器具の製造実績がある会社に絞って、比較・検討することが大切です。デザインにこだわりがある場合は、その会社の持つデザイン力の高さに着目することも重要です。デザインを自分で用意するケースもありますが、OEM会社に任せる場合は、デザイン力の高い会社に依頼するほうが、要望に沿った製品に仕上がる可能性が高いでしょう。

健康器具の場合、品質管理能力も問われます。ユーザーに使用してもらうためには、品質管理が徹底されていることが重要です。製造設備や品質管理についても確認しておきましょう。また、健康器具ですので、製品の安全性についてもチェックできる会社だとよいでしょう。

コストパフォーマンスが高い
中国でつくる美容機器OEM特集を見る

健康器具のOEMのメーカー一覧

健康器具のOEMのロット数

化粧品のOEMの場合、最少ロットは3,000個程度のメーカーが多いですが、なかには、数百個から発注できる場合もあります。健康器具については、OEMのロット数が見つけられなかったので、業者に直接問い合わせてみるとよいでしょう。

健康器具のOEMの費用目安

健康器具のOEMの費用について、インターネット上では情報が見つかりませんでした。詳細は、直接業者にお問い合わせください。

健康器具のOEMの流れ

打ち合わせ

ユーザーが希望する健康器具のデザインやコンセプトなどをヒアリングし、打ち合わせを行います。生産ロット数や納期なども、この時点で打ち合わせしておくとよいでしょう。OEMの流れや費用など、気になることがあれば打ち合わせの段階で確認しておきましょう。

企画の立案

ユーザーの要望をヒアリングし、それに基づいてコンセプトを計画します。そこから、製品の具体化に向かって、提案を行います。その際に、市場調査なども行い、ユーザーのニーズに応じた企画の立案を目指します。

設計

立案された企画をもとに、設計開発を行います。機能性・安全性・使いやすさ・デザイン性、すべてのバランスが取れた商品の設計を目指します。

試作品の製作

商品を生産する前に、試作品を作ります。試作段階では形状や安全性を確かめ、構造上の問題がないことを確認します。問題や変更点が使った場合、すぐに対応して納得のいく試作品ができるまで作り直します。

試作品が完成次第、薬事法の認証取得や電気用品安全法の認定取得を行います。

生産

試作品に納得できたら、いよいよ生産に取り掛かります。薬事法や電気用品安全法などに基づいた各種認証を取得し、製品を生産。品質管理の徹底した工場で、製造します。

出荷・納品

出荷検査を行い、合格した製品を出荷します。納品形態などは、相談の上、要望に応じて対応します。

市場から見る健康器具の需要について

健康器具の需要は世界的に高まっています。2022~2029年にかけて年平均成長率4.6%で推移すると予測されていますが、その背景は健康志向の高まりです。ダイエット、持久力、筋力アップをジムに通わず家で気軽にできる点にメリットがあります。

健康意識以外に、都市人口の増加、ボディビルの発展、政府も健康的な生活促進のための施策力を入れていることから、今後も健康器具市場の成長が期待されているのです。

健康関連の問題により需要が増える

健康を意識するきっかけのひとつが肥満です。ダイエットに取り組むことを考えると、ツールとして健康器具が選択肢に入り、需要の増加につながります。運動不足が心臓病、糖尿病やガンなどの深刻な問題につながることを知って、危機感を持つ人も増えました。

デジタル技術の発展も健康器具市場にいい影響を与えているようです。フィットネスアプリケーションの人気などから、さまざまな国で健康意識を高める公衆衛生活動もスタートしています。とくに若者に対し、デジタル機器導入の後押しになると考えられているのです。

各メーカーも流れを感じ取り、革新的、ユーザーフレンドリーな製品製造のための研究開発業務に予算を投じています。複数の要因から、2022~2029年の予測期間中に健康器具市場の成長増加が予想されるのです。

※参照元:株式会社グローバルインフォメーション(https://www.gii.co.jp/report/dmin1063173-global-home-fitness-equipment-market.html)

EC・オンライン市場での売上は?

健康器具やダイエットは、ECオンライン市場にも恩恵をもたらしました。世界規模のECサイトを運営するeBayはある発表をしました。「感染症によるロックダウン時期のデータでは、健康器具とフィットネス関連の売上が大幅にアップした」。実際に、ダンベル1,980%、ウエイトプレート1,355%増という売上を記録したのです。

eBayに限らず、国内外のEC企業で健康器具の売上が増加しました。オンラインフィットネスサービスも高い売上を記録したのです。感染症時のロックダウンでは、外出自粛が求められました。外に出られない、通勤通学で歩いて移動しなくなった、運動ができないことから、自宅にいても健康維持できる器具へ、多くの方の意識が向けられたのです。

一旦、ロックダウンが解除されても、リモートワーク、第2波、3波の影響から外出を控える人も増えました。そのことも、ECオンライン市場の売上につながったのです。

今後の健康器具の需要について

オンラインにおける健康器具市場の成長は永続的に続くかといえばむずかしいところです。一般的に健康意識は年齢を重ねるほど強くなります。体を鍛えたい、スマートになりたい気持ちが強い方もいます。健康器具やフィットネスジムがあることも証明のひとつです。ただ、感染症のようなきっかけの需要は永続的には続きません。

現在はバブル景気のようなもので、有効なワクチンの接種と治療薬が開発されれば外出も増えます。感染症が縮小傾向になれば、家ではなく実店舗へ向かう方の増加が予想されるのです。在宅で大きな健康器具を買うのはスペースの問題もあります。

また、フィットネス器具は簡単に壊れません。1度購入すれば、長期間使用することが一般的です。結果、いずれも景気は縮小するでしょう。ただし、ECやオンラインサービスで健康器具を購入、または健康やトレーニングに興味を持つきっかけになりました。つまり、ビジネスチャンスはまだまだあるのです。

OEM委託で健康器具を販売するメリットは?

ビジネスを考えたとき、OEM委託で健康器具を販売する選択肢があります。OEMとはOriginal Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略語です。他社ブランドの製品を製造する手法で、アパレル、化粧品や家電、食品や自動車会社など、多種多様な業界で普及しています。

OEMの形態は「完成品や半完成品を相手先のブランド名で製造」、「企業がメーカーに自社ブランド製品の委託をする」の2つです。3つのメリットがあり「資本が少なくても自社ブランド商品を製造できる」、「在庫リスクが減る」、「販売に専念できる」にまとめられます。

自社ブランド製品の製造に向上や設備は不要です。製造部分だけ委託できます。OEMを請け負える企業は小ロット生産が可能なところも多いです。多品種少量販売はECサイトとも相性がよいため、在庫リスクを避けられます。製造に関わる人員確保の心配もなく、経営資源を販売に回せるのです。

OEM委託時に注意するべきことは?

OEM委託には注意点もあります。製造を他社に任せるため、自社での生産技術が育ちません。特別な資格と技術が製造過程で求められると、委託会社と一蓮托生になりがちです。委託業者を見つけて変更するには時間がかかります。

自社製造は工場や設備投資という初期投資がないのはメリットですが、委託会社は製造ノウハウを持つわけです。将来的に自社生産したとき、強力なライバルになる可能性は十分あります。製造をしてこなかった企業がいざ自社製造に切り替えようとしても、委託会社の製造力が上なら、たちうちできません。知られたくない内容だけは社外秘にするといった対策が必要です。そのリスクを理解し、対策を講じないと契約中は大丈夫でも、契約後に後悔する羽目になりかねません。

ネットショップで人気の健康器具は?

健康器具をネットショップで販売する場合、どんな商品が人気か把握しておくのは大切です。おすすめの上記3種類の健康器具をご紹介します。

エアロバイク

エアロバイクはフィットネスジムでもおなじみの健康、トレーニング器具です。1日30分程度続けるだけなら飽きませんし、長続きします。気分や体調に合わせて無理なく続けられることはメリットです。

効率的なダイエットなら、サウナスーツを着用して利用するのもいいでしょう。サウナスーツとエアロバイクによる運動で大量の発汗が期待できます。朝にエアロバイクを利用するのもおすすめ。早起きして実践すれば、眠気も吹き飛びますし、リフレッシュできます。

ステッパー

ステッパーは、その場で足踏みするトレーニング器具です。ステッパーに乗って、交互に足を踏み降ろし続けるだけで脚力を鍛えられます。フィットネスジムやトレーニング機器を取り扱っているショップでもおなじみの健康器具です。

小型のため家の中でもトレーニングしやすく、持ち運ぶこともできます。油圧による反発があるため「トレーニングをしている」という気分になれます。主に3種類あり、足腰強化のストレートステッパー、脇腹引き締めのサイドステッパー、下半身全体引き締めツイストステパーです。有酸素運動でダイエットの助けになるでしょう。

ぶら下がり健康器

ぶら下がり健康器は、誰でも手軽にトレーニングができます。バーにぶら下がって自分の体を上げて鍛える単純明快な器具です。つかまるだけ、バーベルとセットにできる、腕立て伏せにも使えるプッシュアップバーなどもあり、どれでもいいわけではありません。

ぶら下がり健康器で注意したいのは、「耐荷重は余裕があるものを選ぶ」ということです。ぶらさがって倒れたり、折れたりすれば、事故につながりかねません。組み立て式やドア枠に取り付けるタイプ、懸垂バーなどありますが共通するのは耐荷重に注意という点です。

※ランキングは2022年11月時点の内容です。

ネットショップで人気の健康家電は?

体温計や体重計がランキングの上位

健康家電ランキングを見ると、体温計や体重計がランキングの上位です。なかにはスマートフォンと連携できるタイプもあります。健康管理を考えた場合、体温計と体重計は選択肢として上位になるのは必然かもしれません。

ランキング上位の体重計は体組成計機能もあり便利です。体重計や体脂肪率、BMIや筋肉量、内臓脂肪や基礎代謝、体内年齢もわかります。老若男女関係なく、ダイエットを考えている方も知りたい情報ばかりです。

体温計が人気になっている背景として、昨今の感染症のことを考えると「持っておこう」という方もいるでしょう。計測が早いものだと、朝の忙しい時間でも素早く検温できます。Amazonでランキング上位にある体温計のレビューを見ても「計測が早くて助かる」という意見が見受けられました。

※ランキングは2022年11月時点の内容です。

ネットショップで人気のマッサージ家電は?

ネットショップで上位なのは、美容系マッサージ家電です。ハンディガンはコンパクトで持ち歩けますし、いつでも凝った部分にアプローチできます。マッサージ機器は気持ちよさと同時に、小顔のためのフェイスケアもできて、美容という面でメリットがあるのもポイントです。

近年では、マッサージシートも人気。本格的なマッサージチェアはスペースも必要ですし、価格も安くないのがネックです。その点、マッサージシートは簡易型とはいえ身体をほぐせます。スペースも取らないですし、お財布にもやさしいため人気が出るのも納得です。

※ランキングは2022年11月時点の内容です。

健康器具のOEM発注は信頼できる会社に依頼しよう

健康器具は、人気で需要があるといっても選択肢はさまざまです。フィットネス、健康管理、美容向けなどがたくさんあります。健康器具のOEMを検討するなら、自社が想定するユーザーを設定しましょう。その上で、フィットネス、健康管理、美容向けでOEMの実績がある会社に相談してみてください。

当サイトでは、美容機器のOEMメーカーや、選ぶ際の注意点などを紹介したページもあります。あわせてぜひチェックしてみてください。