美容機器OEMポータルサイト ―ビューティポ― » OEMで作れる!美容アイテムの種類を紹介 » ドライヤー

ドライヤー

OEMでドライヤーを作成するにあたって、押さえておきたいポイントについて紹介しています。ドライヤーの作成を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドライヤーの種類

一般的な形状のドライヤー

主に髪の毛を乾かすことを目的としている、一般的な形状のドライヤーです。温風・冷風機能のみのものや、アタッチメントが付けられるものなどさまざまな種類があり、髪・地肌のケアもできるタイプのドライヤーもあります。

カールドライヤー

「くるくるドライヤー」とも呼ばれるタイプのドライヤーです。髪を乾かすと同時にカールをつけられます。風が出てくる部分にブラシ型などのアタッチメントをつけて使うことにより、簡単にスタイリングができる点が特徴です。

ドライヤーをOEMで
作成するうえで
押さえておきたいポイント

風量・乾く速さ

ドライヤーにはまず髪を乾かすという目的があるため、どのくらいの風量が出るのか、またどれくらいの時間で髪を乾かせるのかという点が重要となります。さまざまな風量のドライヤーがありますが、「1.4㎥以上」の大風量といわれるタイプはロングヘアの人も髪を乾かしやすいというメリットがあります。

重量・音

ドライヤーは片手に持って髪を乾かすことから、性能だけでなく重量を考慮することも大切。600g以下を目安にするのがおすすめです。ロングヘアの場合、髪が乾くまでに5分以上かかるケースもあるため、あまり重すぎると選ばれない可能性があります。

また、髪を乾かす際の音もできるだけ小さいものの方が良いでしょう。目安は75dB以下程度とされています。

温度

あまりに高い温度の風を髪に当て続けると髪が傷んでしまう可能性があるため、温度調節ができることが望ましいと言えます。低温の風が出るドライヤーであれば、髪の毛に与えるダメージを抑えられます。

付加機能やアタッチメント

髪を乾かすだけではなく、髪・頭皮のケアができるような付加機能や、スタイリングを楽にするアタッチメントを用意するかどうかといった点も、OEMでは押さえておきたいポイントの一つ。付加機能がついていればドライヤー1台でさまざまな用途に利用できるため、ユーザーの利便性はぐっと向上します。

掃除・収納のしやすさ

ドライヤーはその構造上、髪の毛や埃を吸い込みやすいため、掃除のしやすさもポイントとなるでしょう。例えばフィルターを取り外せる形状にする、水洗いできる仕様にするといった方法があります。

また、コードをまとめられるバンドがついている・折りたためるなど、収納がしやすいかどうかといった点も重要です。

まとめ

OEMで商品を作る際に注意したいのが、「ユーザーの目線を大切にする」ということ。売れる商品を作るためにも、商品をユーザーの目線から見て、さまざまな部分に気を配る必要があるでしょう。また商品を企画・製造する際には、取り扱っている商品が自社のニーズに合っている、かつさまざまな相談がしやすいOEMメーカーを選ぶことがおすすめです。